パソコンで何でも調べると腹いっぱい押さえる

オンラインの進展で今はパソコンはじめちゃぶ台あればなんでもわかります。気になったことや、暮しの中での問合せや調べという、会社での調べジャンルが検索すれば数多くヒットします。その中には果して、偽うわさもあるでしょうが、数多くの結果を調べれば、こういうことか?というのがわかります。パソコンのない時代は辞書や書籍で調べていたわけですから特別の探究です。
ぼくは魚関係の卸の仕事をしています。日本全国の仕入先から世界中の魚を引き取り、譲渡先に卸して来る。その流れの中で、その地方特有の魚の称号とか、一文字差の似てことなる魚などが頻繁に飛び出していらっしゃる。その時役立つのがパソコンです。商売の知能や知識は名工から教わる品という経験から身につくものがありますが、もっとパソコンから買い付ける知識の割合が多くなりました。知識が多いほど、ビジネス上の誘惑が強まりますのでどんどん取り入れて来る。
先には相変わらずパソコンが下手くそで全然触らない皆さんも居ます。もちろんケータイも持っていません。自社ではザクザク取り残されていらっしゃる。
ぼくは高齢になっても成行にはのぼりたいと思います。http://www.op-frankton.com/